ホーム地方移住の地域貢献とは?身に付く経験やスキルを紹介

地方移住の地域貢献とは?
身に付く経験やスキルを紹介

みなさんこんにちは、Otanomiコラム担当です。

フルリモートや移住など、さまざまな方法で地域貢献に携わることができますが、どのような違いがあるのでしょうか。
どちらも地域貢献に携わっていることには変わりありませんが、やはり現地に足を運ぶのとフルリモートで携わるのでは、経験できることや得られるスキルは若干異なることがあります。

そのため、地域貢献をするうえでフルリモートにするのか、地方移住するのか、どちらを選択するのかをしっかりと決めたいポイントになります。

本記事では、地方移住の地域貢献によって身に付く経験・スキルについて詳しく解説します。


地方移住とは?


地方移住とは、都市部から地方(農村部や小規模な町、島嶼部など)へと生活の拠点を移すことを指します。多くの人が、ライフスタイルの変化や自然環境の豊かさを求めて地方に移住しますが、近年では、地方創生や地域活性化の観点からも注目されています。

移住についてのコラムも以前ご紹介しておりますので、よければご覧ください!

移住先で転職するメリット・デメリットは?UIJターンの違いについて

移住先の仕事はどう探す?移住先での仕事の見つけ方

地方創生移住支援事業とは?
-起業支援金・移住支援金について



地方移住の地域貢献によって身に付く経験・可能性


地方移住は新しい環境での生活を始めるだけでなく、地域社会に貢献することで得られる多くの貴重な経験をもたらします。
都市部では得られないような、実践的かつ多様な経験が地方移住者を待っています。

以下では、地方移住に伴う地域貢献活動を通じて得られる具体的な経験について紹介します。


1:地域の人との交流
地方移住をして地域貢献することで、地域の人から直接感謝をされたり、喜んでくれた姿を見ることができます。 これはリモートでは感じにくく、地域貢献の大きなモチベーションにつながるでしょう。

また、地域の人と直接話すことで、よりリアルな問題点や考えていることなどを知ることができるため、今後の地域貢献に活かしやすくなります。


2:新たな人脈の形成
地域貢献をする中で、地域の自治体や団体、コミュニティと連携することもありますが、その中で新たな人脈を形成することができます。

たとえば、初めは副業として地域貢献に携わっていたとしても、同じ方向性で地域貢献している人と出会うことができればビジネスとして会社を設立したり、大きなプロジェクトに参加するチャンスもあるでしょう。

普段生活をしているとなかなか訪れないチャンスですが、地方移住という大きな行動をすることができれば、同じ境遇の人たちとであることができるのです。

もちろん、フルリモートでも新しく人脈を形成することはできますが、やはり直接会って会話することのできる地方移住のほうがチャンスはあると言えるでしょう。


3:地域貢献のノウハウを蓄積できる
地方貢献ビジネスは都市部の企業に比べると小規模の場合が多いため、自身のスキルを活かした地域貢献に携わることができれば、より経営に近い位置で仕事をすることができます。


4:仕事の幅を広げられる
地域貢献の内容は多種多様であるため、さまざまな活動に参加することで、新しく知識をつけることができ、それが仕事の幅を広げることも珍しくありません。

たとえば、その地域で「空き家問題」が深刻な問題になっているのであれば、活用方法を模索したり、不動産関係の知識をつけていくことができるため、自分の仕事としても活かすことができます。

ほかにも、地域を活性化させるイベントに関わる場合は補助金関係や利益率などを実際に運営する中で経験することができるため、自身が主催としてイベントすることも視野に入れることができるでしょう。

このように、さまざまな地域貢献活動に参加していく中で、仕事の幅を広げられる経験をすることができるのです。


5:視野を広げられる
地域貢献活動では、自分とはまったく異なる業界で仕事をしている人や、考えの異なる人など、さまざまな人と関わることができるため、自身の視野を広げることができます。

同じコミュニティや環境で仕事を続けていると、なかなか自分とはまったく異なる人と出会い仲良くなる機会は多くはありませんが、地方移住することで新たな価値観と出会いやすくなるのです。

その結果、自分の視野を広げることに繋がり、将来的にさまざまなビジネスや地域貢献に取り組みやすくなります。



地方移住を通じて地域貢献活動に参加することは、個人にとって多くの貴重な経験や可能性をもたらします。

地域社会との深い関わりや自然環境との共生、多様なスキルの習得、人材育成と教育、地域課題の解決とイノベーションなど、都市部では得られない実践的な経験が地方で待っています。
これらの経験は、将来のキャリアや個人の成長に大いに役立ち、また地域社会にも大きな貢献をもたらすでしょう。

地方移住を検討している方は、地域貢献活動を通じて自己成長を図りながら、地域社会にも貢献する素晴らしい機会を逃さないようにしましょう。

地方移住の地域貢献によって身に付くスキル


地方移住は、新しい環境での生活を始めるだけでなく、地域社会に貢献することで様々なスキルを身につける貴重な機会となります。
地方での生活や活動を通じて、都市部では得られない実践的なスキルを身に付けることができるのです。

以下では、地方移住に伴う地域貢献活動を通じて得られる具体的なスキルについて紹介します。


1. コミュニケーションスキル
地方移住者は、地域社会との関わりを通じて強力なコミュニケーションスキルを養うことができます。地域の住民と積極的に交流し、地域イベントや活動に参加することで、人々と円滑にコミュニケーションを図る能力が向上します。地方では、顔の見える関係が重視されるため、一人ひとりとの対話や調整能力が求められます。

◆事例:地域イベントの企画・運営
地方の祭りやイベントを企画・運営することで、地域住民とのコミュニケーションを深めることができます。地域の伝統や文化を理解し、地元の人々と協力しながらイベントを成功させるためには、細やかなコミュニケーションが不可欠です。これにより、対人スキルや調整能力が自然と身につきます。


2. プロジェクトマネジメントスキル
地方での地域貢献活動には、多くの場合、プロジェクトの企画・立案、実行、評価といったプロジェクトマネジメントスキルが必要です。限られたリソースを有効に活用し、目標を達成するための計画を立て、実行する経験を積むことで、このスキルを磨くことができます。

◆事例:地域活性化プロジェクトの推進
例えば、地方の特産品を広めるためのプロジェクトを推進することで、プロジェクトマネジメントスキルが磨かれます。地元の生産者や企業、行政との協力を通じて、プロジェクトを成功に導くための計画立案、予算管理、進捗管理、成果評価といった一連のプロセスを実践することができます。


3. リーダーシップスキル
地方移住者が地域のリーダーシップを発揮する機会も多くあります。地域の課題を解決するために、地元住民や他の移住者と協力しながらリーダーシップを発揮することで、組織の運営や人材のマネジメント、問題解決能力を高めることができます。

◆事例:地域団体の代表としての活動
地域のNPOやボランティア団体の代表として活動することで、リーダーシップスキルが身につきます。地域の課題を解決するためのビジョンを示し、メンバーをまとめ、目標に向かって進むための指導力が求められます。これにより、リーダーとしての経験が積まれ、自己成長に繋がります。


4. マーケティングスキル
地方の特産品や観光資源を広めるためには、効果的なマーケティングが不可欠です。地方移住者が地域の魅力を発信する活動を通じて、マーケティングスキルを実践的に学ぶことができます。特に、SNSやデジタルマーケティングのスキルは、地方での活動でも重要な役割を果たします。

◆事例:地域産品のオンライン販売促進
地元の農産物や工芸品をオンラインで販売するプロジェクトに関わることで、マーケティングスキルが磨かれます。商品のブランディング、ターゲット市場の分析、効果的な広告戦略の立案と実行など、幅広いマーケティング活動を実践することができます。


5. 環境適応能力
地方移住は、新しい生活環境に適応する能力を養う絶好の機会です。都市部とは異なる生活スタイルや文化、自然環境に適応するための柔軟性や適応力が求められます。このような能力は、将来の様々な状況に対処するための重要なスキルとなります。

◆事例:自然環境での生活
自然豊かな地方での生活を通じて、環境適応能力が鍛えられます。例えば、季節ごとの農作業や自然災害への対処など、自然環境に対応するための知識やスキルが身につきます。また、地域の文化や習慣に慣れることで、異なる文化や環境への適応力も向上します。


6. 創造力とイノベーション
地方移住者が地域貢献活動を通じて創造力やイノベーションのスキルを高めることができます。限られたリソースを最大限に活用し、新しいアイデアや解決策を生み出す能力が求められます。

◆事例:地域ブランドの創出
地方の特産品や観光資源を活用して、新しい地域ブランドを創出するプロジェクトに関わることで、創造力とイノベーションのスキルが磨かれます。独自のアイデアやアプローチを試しながら、地域の魅力を発信し、観光客や消費者を引きつけるための創造的な活動が求められます。



地方移住を通じて地域貢献活動に参加することは、個人のスキルアップに繋がる素晴らしい機会です。
コミュニケーションスキル、プロジェクトマネジメントスキル、リーダーシップスキル、マーケティングスキル、環境適応能力、創造力とイノベーションのスキルなど、都市部では得られない多様なスキルを身に付けることができます。

これらのスキルは、将来のキャリアや個人の成長に大いに役立つでしょう。
地方移住を考えている方は、地域貢献活動を通じて自己成長を図りながら、地域社会にも貢献する素晴らしい体験を得ることができるでしょう。

副業で仕事をお探しなら「Otanomi」へ


Otanomiは、「副業・兼業から始める地方創生」をテーマに、地方自治体や企業の課題解決に対する取り組みにチャレンジできるサイトです。
Otanomi

Otanomiではよくある求人票ではなく課題を掲載しているため、困りごとがダイレクトに分かるという特徴があります。
課題を見て自分にできそうだな、とお考えであれば応募をし、実際に自治体や企業の担当者と話をして、条件が一致すれば実際に仕事がスタートします。

応募をしてもいきなり採用されるわけではなく、しっかり話しを聞いたうえで判断ができるためお互いに安心できる環境が整っています。

フリーランス・副業・兼業などで地域と繋がってみたい際は、ぜひOtanomiをご利用ください。 副業からはじめたい場合も歓迎です。


まとめ


本記事では、地方移住の地域貢献によって身に付くスキル・経験について詳しく解説しました。

地域貢献は都心にいながらフルリモートで行ったり、定期的に地方を訪れることでも行うことができますし、フルタイムで地域貢献に関わらなくても、副業として関わることもできます。
その中でも地方に移住して地域に関わることで、直接地域の問題を感じることができたり、人々との交流をすることができるため、フルリモートよりも大きな経験をしやすいです。

もちろん、本業の関係で地方移住をすることが難しいことも多いと思いますが、地域貢献をするうえでフルリモートという選択肢だけではなく、地方移住もしくは二拠点生活などで地域に直接足を運んでみることもおすすめです。

ぜひ本記事を参考にして地方移住の地域貢献についてチェックしてみてください。

©2023 o-tanomi.jp, All Rights Reserved.